Railsアプリケーション構築ガイド

業務でRuby on Railsを利用する人のための、アプリケーション構築ガイド

最終更新日: March 28, 2015


Ruby on Railsは、流儀・規則に従うことで効率的なシステム開発が可能となるWebアプリケーションフレームワークです。 レールの上に乗って開発を行っているうちは、 少ないコード量で複雑なアプリケーションを 簡単に実装できる、Railsというフレームワークの強力さ、美しさを体感できるはずです。

しかし、少しでもレールから外れたアプリケーションを実装しようとすると、途端に複雑になるのも事実です。 業務アプリケーション構築の分野では、Railsの流儀とは相容れない実装を強いられる事が多々あります。 レールから外れたアプリケーションをよく考えずに実装すると、 コードが難解になり、システムのメンテナンス性が大きく下がってしまいます。

本書では、Railsを利用して複雑な業務システムを構築する方法について検討していきます。 利用しているRailsのバージョンは4.1となります。

キーワード: Ruby, Ruby on Rails, 業務アプリケーション

Caution

このサイトは March 28, 2015 現在、全てのコンテンツが完成しておりません。 章の構成等は今後変更される可能性があります。

目次

検討中の項目